屋形船でもんじゃを楽しむ

屋形船でもんじゃを楽しむ

屋形船でもんじゃを楽しむ

屋形船と言えば高級なイメージがありますが、近年ではそのサービスも進化してきており、リーズナブルな値段でスカイツリーやお台場などを眺めながら、船上でもんじゃ焼きが食べられる船が登場してきています。
これらの船は、通常のものに比べて安価で気軽に乗ることができるため、カップルや家族連れなどに人気となっているのも特徴です。
中でも有名なのが江戸前汽船株式会社の「月島もんじゃ屋形船」であり、月島もんじゃが楽しめる船の元祖ともなっています。
また、青海「千羽丸」や、「東京ベイクルーズ拓海屋」なども人気の屋形船となっており、食べ放題・飲み放題サービスや、持ち込み可能サービス、お花見コースなど、それぞれ独特のサービス内容で乗客を楽しませているのが特徴です。
これらの船の他にも、都内ではもんじゃを楽しめるいろいろな屋形船が用意されているので、カップルでのデートや、家族でのお出かけ・食事に検討してみても良いかもしれません。

屋形船でもんじゃ焼き食べ放題

屋形船でもんじゃ焼き食べ放題 東京の名物といえば隅田川を下る屋形船と月島のもんじゃ焼きです。
最近人気なのがその2つがコラボしたもんじゃ焼きの食べ放題が楽しめる屋形船です。
地方からの観光客だけでなく、外国人観光客にも人気です。
もんじゃ焼き食べ放題の屋形船は、たくさんの船会社が行っています。
だいたい各船似たようなプランで紹介すると、まず予算は5000円前後、時間は約2時間です。
人数は2名(船によっては1名でも可)から参加でき、貸し切りも可能です。
一日に数便あり、花見や花火大会、紅葉の時期が人気です。
コースはお台場コースが人気です。
新木場桟橋から豊洲方面を抜けて、レインボーブリッジが架かる東京湾お台場への周遊が楽しめます。
食事内容は、もんじゃ焼き食べ放題とアルコールやソフトドリンクが基本セットに含まれます。
ちなみに時間は2時間制ですが、船が動いている間は火をつけることは出来ません。
ですからお台場などの目的地に着いてから、食事を楽しむという形になっています。