二人から乗船できる屋形船

二人から乗船できる屋形船

二人から乗船できる屋形船

屋形船と言えば、社員旅行といった大人数でしか使えないサービスに思われていますが、実際は少人数でも予約を受け付けてくれます。
小規模グループでも屋形船は普通に利用でき、サークルの打ち上げや部活動のお祝い、中小企業の忘年会などに役立てられています。
また大型船ではなく、コンパクトなカップル向けのサービスもあります。夜景を見ながら二人で食事を楽しむ、そんな定番中の定番のデートを楽しむのも良い事ですが、毎回似たようなデートプランではお互いに飽々してしまいます。
時には趣向を凝らし、二人から乗船できる屋形船をデートに使ってみましょう。船頭さんはいらっしゃいますが、船内に他の乗客は乗り込みませんので、限りなくプライベートな空間です。
夏場であれば涼しい川風を満喫し、綺麗な夕日や鳥の声、美しい景色と波を満喫しながら、愛を語り合えます。お祭りや花火の時期に屋形船を利用すれば、船自体が特等席となって、最高の眺めを楽しめますので、高いお金を出して花火会場の席代を出すよりも、二人用のプランを使った方が何かとお得です。

いつも違う風景で東京の街を楽しむ

いつも違う風景で東京の街を楽しむ 屋形船を利用すれば、東京の街を違った角度から眺めながら、日々のストレスを解消できます。
隅田川の最下流部では、多彩な高層ビルの景色を水面に近い場所から眺めることができますから、圧倒的な迫力を堪能できます。
さらに、都会の景色の中には、江戸風情も同時にあるのが特徴です。
屋形船が両国橋の付近を通過するときには、右岸側にある柳橋の風景を眺めれば、江戸時代の面影を感じることができます。清洲橋の付近では、小名木川の第一橋梁として名高い萬年橋を眺めて、浮世絵や松尾芭蕉の姿を連想する人もいます。
吾妻橋や駒形橋の周辺では、隅田川沿いの下町の風景を眺めながら、同時に近代的なビル群との調和を実感できます。
実際に航行している間には、伝統的な屋形船の姿を眺めるだけでなく、斬新なデザインの水上バスの風景を楽しむこともできます。
東京の水辺空間の多くは江戸時代に開削されたものですが、今では屋形船の風情を楽しめる場所として、最適な環境が整っています。